Category
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルチぐるぐるやっていてこう思ったことはありませんか?
「マップはいいけど、皆バラバラ・・・」

特に鍵なし野良マルチなんかに入るとよくあることですね。
私も炭鉱夫になる前は野良でよくそんなマルチに参加してしまっては、不味いのぅ~と思ったものです。

そんなあなた!!
先導役、や ら な い か ?
先導役がいないなら、先導役やってしまえばいいのですよ!

ここでは、先導役を務めるにあたっての基本的なポイントを解説します。


①マップの活用。
エリアマップ、レーダーマップ(拡大)、この2種類のマップは状況を把握するのに非常に便利です。
この二つは常に画面に表示しておいてもいいくらいよく使います。私は先導をする時、常に表示させています。

マップを活用することは先導役にとっては基本ですので慣れておくといいでしょう。
さほど効率を求めないのであれば、画面中央に出てくるエリアマップは邪魔になるので、
レーダーマップの表示を拡大版、全体版に切り替えながら状況を把握しましょう。

②参加メンバーの位置把握術。
団体行動が前提であるマルチぐるぐるでは、メンバーの位置を把握することは大切なことです。
常にレーダーマップの範囲内に全員居ればいいのですが、中々そうはいきません。
ですから、12人全員を常に正確に把握することは中々できません。
ですが、ある程度把握することは可能です。
まず、エリアマップを表示させましょう。
エリアマップではPTメンバーの位置が遠くにいても正確に把握できます。

このように。
エリアマップ活用1
(C)SEGA

レーダーマップでは範囲から外れ、いる方向しかわからないが、エリアマップなら正確に位置が特定できます。
補足ですが、レーダマップ(全体版)でも大まかな位置は把握出来ます。
このような状況では、PTメンバーの周りに大抵一人二人他の人もいます。
もしルート外にいるなら注意しましょう。ルート上ならちょっと待って合流をまちましょう。

また、Eトラもメンバーの位置を把握するのに役立ちます。

こんな感じに。
エリアマップ活用2
(C)SEGA

私のところではEトラが発生していませんが、エリアマップ上ではしっかり発生しているのがわかります。
誰もいないところではEトラは発生しません。
自分には発生していないのに、遠くのエリアマップ上で発生していたら、間違いなく誰かがそこにいます。
新規参加者が発生させただけなのか、ルートを外れた、もしくは逆走した人がいるのか、はたまた別の原因か。

いづれにしても、はぐれている人がいるのは間違いないです。
この様な時は合流を促しましょう。

ただし、エリア全土に判定を持つEトラもあるので注意。

③ルールの徹底。
先導役をする人は、ショートカットワードにそのマルチ内のルールを登録しておくのがいいでしょう。
Eトラの対処などもそのルールに含まれます。ファンジが発生した途端、バラバラになるとかよくありますからね。

新規参加者はPTコメントに記されたルールしか分かりません。
その他の細かいルールを設定している部屋なら、参加した人にルールを説明する必要があります。
ですが、いちいちチャットするのは面倒ですよね?
なので、ショートカットワードに登録しておくと素早く確実に説明できるので便利です。ぜひ活用してください。

先導役見本に私のショートカットワードの設定を晒しています。参考にどうぞ。

その他、マナー違反者には注意をしましょう。
ろくに先導を務めないのに突っ走る人や、逆にアイテム拾いに集中してついてこない人なんかはよくいます。
その他、周りの人に迷惑になるようなことをする人には注意を。

④湧き判定位置の侵入作法。
各地形には足を踏み入れると敵が湧く、湧き判定位置があります。
そこに侵入すると敵が出てくるわけですが、何も考えないでそこに侵入すると…不味いです。
敵のわきが弱くなります。
わき判定位置に足を踏み入れる時には、
レーダーマップの範囲内に他のメンバーが6人以上いるのを必ず確認してから敵をわかせましょう。

このくらいの距離感があれば十分です。
わき判定
(C)SEGA

もう少し他の人がばらけていても大丈夫です。6人がレーダーの範囲内にいることが肝です。
なぜ6人なのかというと、わき判定の際、大体6人くらいが周りにいればワラッとわくからです。
理想をいえば全員が揃っていたいところですが、それぞれ進んでくる速さに個人差がありますから、
現実的には6人を最低ラインとして進み続けたほうが効率がいいかもしれません。
状況に合わせて侵入時の人数を調整しましょう。
当然ですが、隊が分裂していいわけではありませんので勘違いしないように注意。
多少隊列が長くなっても大丈夫だよってだけです。まとまって動くという大前提は守ってください。

ちなみに、湧き判定位置とEトラ判定位置は微妙に違います。
ポップ条件を満たしているのに雑魚が湧かなかった時でもEトラが発生することがあります。
雑魚が湧かなかったら念のためEトラ判定位置まで足を運びましょう。

※ポップの条件については、敵のリポップ&消失の検証で詳しく解説しています。

⑤マップの掃除指揮。
長いことマルチにこもっていると気づかないうちに、ルート外の変なところで変なことが起きていることがあります。
ルート外でその様な異変が起きていると、敵のわく数が異常に少なくなることも。
代表的な例としては、誰かが放置した雑魚討伐系のEトラです。
ボスエネミーはエリアマップに表示されますが、対象が雑魚・中ボスだと近くに行かないとわかりません。
しかも厄介なことに、この手のEトラを放置すると敵のわき数が激減したりすることも。

先導役は敵のわき方に異常があることに気が付いたら、
ルート外の掃除をしましょう。大抵の場合、それで異常は直ります。

また、発生フラグが立っているEトラを放置しているとなんらかのデメリットがある可能性も考えられます。
(同時発生するEトラ数はPC専用ブロックで3つまで。
 PC&VITA共有ブロック、VITA専用ブロックは2つまで。
 同様にフラグ数にも制限があるかもしれません)
ある程度時間が経過したらフラグを回収し、リセットするためにも各座標を巡回した方がいいかもしれません。

掃除メンドイ、やりたくないって?私もです。
そんなあなたは事前に対策を講じましょう。
例えば、「3PT制」「テレパ利用に関するルール」この二つのルールをPTコメントに入れるだけで、
掃除の必要性はかなり少なくなります。
異常の原因の多くは、ソロの新規参加者が本隊に合流する時、道中の敵全てを放置するのが原因です。
それを防ぐために既存PTに参加させ、テレパイプから出てきてもらいます。
そうすれば、ルートから離れた場所で異常が放置される可能性を激減できます。

⑥現在位置の定期報告。
自分(本隊)が今どの座標にいるのか、定期的に白チャで報告するといいでしょう。
皆がまとまることが大切なマルチ部屋にとって、現在位置の座標というのは重要な情報です。
その情報を全員と共有出来れば、団体行動がとりやすくなります。

当然のことですが、参加者は必ずしも先導役だけを目印に動いているわけではありません。
常に画面内に先導役を入れてるわけではありませんし、
レーダーマップではどのマーカーが先導役なのか、違うPTの人からは分かりません。
故に、他の人の動きにつられやすく、それは本隊の進行が遅れる要因となります。
そんな時、現在位置を叫ぶことによって、後続の意識を先頭に向けることが出来るかもしれません。
無駄に隊列が長いと感じたら白チャでレッツトライ。

また、なんらかの理由で参加者が散開した後に、自分のいる場所に集めたい時も便利です。

とりあえず、ショートカットワードに、「現在<pos>」って入れておけば簡単に定期報告出来ます。
お試しあれ。

⑦臨機応変に。
え?当たり前だろって?そうです、指揮する人間が臨機応変に問題に対応するのは当たり前です。
ですが、この臨機応変さが先導役の肝、先導役の腕の見せ所です。
ルート外の美味しい座標、結晶後にどこでバーストしたら美味しいのか、特定地形でのEトラの特定、etc・・・
ルートを先導し、ぐるぐる回るには直接関係ない情報まで把握し、
どんな状況でも指揮し続けることが出来てはじめて一流の先導役です。
決して驕ることなく謙虚にいきましょう。




以上が先導役の押さえておきたいポイントになります。
こうして読むと難しそうに見えるかもしれませんが、実は意外と簡単です。
まずは出来ることから徐々に実践して先導してみるといいでしょう。習うより慣れろです。

ぜひ皆さんも先導が出来る一人になって充実したマルチ生活を楽しんでみませんか?
さぁ!
先導役、や ら な い か ?


↓ランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします。
PSO2公式サポーターズ

スポンサーサイト
コンテンツ
炭鉱夫の最新日記
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新情報
- Information -

8.10
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
7.30
・日記投稿。
6.8
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
6.1
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
5.28
・日記投稿。
4.28
・日記投稿。
3.10
・日記投稿。
現在の炭鉱夫数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。