上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページは発掘基礎各種心得の見方を読んでからご覧ください。




マップ発掘難度:★★★★★
マルチぐるぐるはエリア2推奨。
フォードランサはエリア2ならよく出る。2が好きなんだね。角2本だしね。
とにかく落とし穴がウザい。落とし穴が発動した座標は敵の再湧きが死にます。
なのでルート上に落とし穴があるのは論外。4ブロ広場の方がまだマシ。
おかげで発掘難度は高め。形はいいけど…ってことはよくあります。
敵の選別が妥協出来るのがせめてもの救い。
ロビーに何度も戻るのは覚悟しましょう。

①おススメのルート形成。
形がいいのは簡単に見つかります。
でも、落とし穴が…
なので総合的な判断で潔く妥協する気持ちは必要かもしれない。
場合によっては4ブロック広場もルートに入れてしまおう。
火山の4ブロ広場と違って、浮遊の広場は平坦だから殲滅は比較的楽。
もちろん、無い方がいいんだけど。

妥協点は、
1、6ブロック以上の環状型
2、4ブロック広場なし
3、落とし穴なし

ルートを構成しているブロックが多いのであれば4ブロック広場は妥協してもいいかも。
落とし穴はカンベンな。

ワンランク上を目指すのであれば、
1、8ブロック以上の環状型
2、4ブロック広場なし
3、落とし穴なし。

これぐらいなら良マップ。
高低差のある地形が多いのでそこは妥協してしまいしょう。
落とし穴がなくて長距離ぐるぐるできるのであれば問題なし。

②出現する雑魚の選別。
選別の際、知っておきたい敵PTの組み合わせは、
1、サディニアン型
2、フォードランサ型
3、バリドラン型

ここで要注意。
浮遊の敵PTの組み合わせは変わります。
というより、全ての座標に全ての敵が湧く可能性があるようです。

一度のポップで湧く敵PTは前述の3つですが、
リポップの際などにそれがまるっと変わることがある。
各座標で基本となる敵PTは設定されているので選別の必要性がないわけではありません。
基本以外の型に変わる確率は高くはないです。
妥協がしやすいってことですね。

③ギミック解説。
1、竜巻
砂漠にあったアレ。
はぐれちゃったらその部屋のやり方で合流しましょう。

2、磁雷針
雷系のテクニックを当てるとすっごいビリビリします。
ルート上にあると結構便利。
敵の湧く位置によっては殲滅がすごい楽になります。
無くても別にかまわない。
あったらラッキー程度のものです。
コレがあるのでテク職の人が浮遊に行く時は雷テクを簡単に使えるように設定しておくと便利。

3、カタパルト
凍土にあったアレ。
しかし、行き着く先はコンテナです。
ご利用は計画的に。



以上、浮遊発掘心得でした。
惑星アムドゥスキアは進行を妨げる装置があって発掘が大変。
これが龍族の対ダーカー戦術なのか?嫌がらせだね。
敵PT構成が特殊なので、そこはせめて気楽にいきましょう。
そんなことより、ルート形成。
初心に帰って炭鉱夫の極意を復習してみるのも一興。



↓ランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします。
PSO2公式サポーターズ

スポンサーサイト
コメント
ミス発見
①おすすめのルート形成
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高低差のある地形が多いので
そこは妥協してしま(しま)しょう。

細かくてすまんな!
Re: ミス発見
ご指摘ありがとうございます。

修正しました。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
コンテンツ
炭鉱夫の最新日記
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新情報
- Information -

8.10
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
7.30
・日記投稿。
6.8
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
6.1
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
5.28
・日記投稿。
4.28
・日記投稿。
3.10
・日記投稿。
現在の炭鉱夫数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。