上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページは発掘基礎各種心得の見方を読んでからご覧ください。



マップ発掘難度:★★★
目的によってエリア1、2のどちらかでぐるぐるしましょう。
エリア1には、ダガン、クラーダ、カルターゴ、盾持ち2種、巨人2種が、
エリア2には、カニ、ミクダ系がよく出ます。ちなみにブリアーダとエルアーダも2です。
魚はどちらにもたくさん出ます。
巨人はエリア2にも出てくるのですが、安定しません。
巨人からのドロップを狙うのであれば、エリア1を掘った方が圧倒的に効率がいい。
グリムモノリスという遺跡特有のギミックがありますが、こちらに不利益はあまり無い。
むしろ、うまく使えれば頼もしい相棒になります。カタパルトに見習ってほしい。

①おススメのルート形成。
坑道と似たような3ブロックL字の地形があります。
一見分かりにくいので画像にて説明。
遺跡3ブロL字
(C) SEGA
これです。湧き判定場所は一つしかないので、4ブロ広場同様、スルー推奨です。
坑道のソレと比べ、移動しにくい&バラバラに敵が湧くので4ブロ広場と同じくらい面倒です。

エリア1の場合
一本道型なら簡単。大きな環状型というのは難易度高め。複合型でマップ全体を回れるなら十分。
それよりも、湧く敵の選別が重要。

妥協点は、
1、6ブロック以上の環状or8ブロック以上の一本道型
2、4ブロ広場なし
3、3ブロL字なし

ワンランク上を目指すのであれば、
1、8ブロック以上の環状型or10ブロック以上の複合型
2、4ブロ広場なし
3、3ブロL字なし

ルートの形は大切ですが、エリア1でぐるぐるするのであれば、敵の選別が肝になります。
多少、ルート構成ブロックが少なくても、目当ての敵の率が高いのであれば妥協しましょう。

エリア2の場合
こちらも一本道なら簡単に見つかります。ですが、エリア2でのぐるぐるならば環状型を目指しましょう。
敵の選別をしても安定しない湧き方をするので、選別の価値が低いです。
故に、重要なのはいかに狩り続けることが出来るかだと思います。

妥協点は、
1、6ブロック以上の環状型
2、4ブロ広場なし
3、3ブロL字なし

ワンランク上を目指すのであれば、
1、8ブロック以上の環状型
2、4ブロ広場なし
3、3ブロL字なし

エリア2でのマルぐるをするならば、カニ対策があると進行がスムーズになるかもしれない。
この子はすぐ自分の殻にこもってしまうので、引きずり出す手段があると楽チン。
全体的な火力が過剰にあるならばゴリ押しでも大丈夫です。

②出現する雑魚の選別。
エリア1の場合
選別の際、知っておきたい敵PTの組み合わせですが、
1、サイグロ&キュクロ型
2、グウォ&ガウォ型
3、カルターゴ型

こいつらは押さえておきましょう。
1には稀にカルターゴさんが出てきます。

ダガン、クラーダ、お魚系はどれにも出現します。
代表格が他の型にお邪魔することはないので選別する価値ありです。
逆に言うと、選別しないと不味いマップになるかも。
型の数も多くはありませんし、マップの形である程度は選別できるので簡単です。

※マップの形による敵選別方法
遺跡E① 湧き選別
(C) SEGA

遺跡エリア1は入り口座標から2ブロック(湧き点2)以内はサイグロ&キュクロ型は出現しません。
上画像のの座標には出現しないということです。
その他の座標では巨人が湧く可能性があります。
E4の様に「入り口座標から2ブロック以内」&「入り口座標から3ブロック以上」の2条件がかぶった時、
「入り口座標から2ブロック以内」の条件が優先されるため、やはり単眼は湧きません。

※入り口から3ブロック以上離れている=巨人座標ではありません。
巨人座標になることが多いと言うだけで、確定ではありませんのでご注意を。

エリア2の場合
選別の際、知っておきたい敵PTですが、
1、サイクロ&キュクロ型
2、エル・アーダ型
3、ブリアーダ型

といったものがあります。
ですが、安定しません。

※代表格はどの型にも出てきますが、
 偏りがあるので独立させておきました。

一般的な敵PTでは、湧き判定位置に大勢で侵入すれば代表格のエネミーがまず顔を出します。
しかし、遺跡エリア2では侵入の際に大勢で突入しても出現しないことがよくあります。
幸い、遺跡エリア2ではカニが全ての型によく出現します。
そしてお供として出てくるのは魚、ミクダ系です。
カニ、魚、ミクダ系に狙いを定めるのであれば、遺跡エリア2での狩りは効率がいいです。
それ以外の敵に用があるのであれば、他の場所に行った方が効率がいいです。

結論、遺跡エリア2の敵の選別は本気出さなくてもイイ。
その分、ルート形成に本気出しましょう。

湧き判定位置ってなんぞ?って方は先導心得の④をご覧ください。

③ギミック解説。
1、グリムモノリス
状態によって効果が変わります。
浸食状態:範囲内の敵に強化バフ付与。足元からトゲ攻撃。歩いてれば当たらない。
浸食浄化:範囲内の味方に強化バフ付与。
それ以外:空気。なに、気にすることはない。

浸食状態の時にモノリスを叩けば浄化することが出来ます。
浸食状態の時に敵と一緒に攻撃して浄化できればバフもかかってお得です。
ただし、敵がいない時に攻撃してもほとんど意味ありません。
敵がいない時に立ち止まってモノリス叩くのは時間の無駄です。
そんなことより、さっそと次の座標に行きましょう。

真価を発揮するのは突発的なバースト。
狭い&モノリスがある地形ですと、バースト中に範囲攻撃をもってモノリスを浄化することが出来、
攻撃しながらバフももらえるというお得なことに。バフを自発的にする時間やPPを節約できます。
うまく運用できれば単発バーストでも結構続いたりします。

マップ選別の際、単発バーストのことを考慮して、
モノリスがある行き止まり地形の敵PTを確認しておくと役に立つかも。
あとで美味しい思いが出来るかもしれません。



以上、遺跡発掘心得。
なんで遺跡でマルぐるするのか、目的によってきちんとエリアを選びましょう。
他の自由探索でしたらエリア1よりも2の方が敵種類も豊富で副産物が期待出来ますが、
遺跡自由探索ですと、敵の毛並みが違い過ぎます。
今までがそうだからと勘違いしたまま何も考えないでハムっているのはもったいない。
エリアごとの特色を把握してレッツ掘り掘り!



↓ランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします。
PSO2公式サポーターズ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
コンテンツ
炭鉱夫の最新日記
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新情報
- Information -

8.10
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
7.30
・日記投稿。
6.8
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
6.1
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
5.28
・日記投稿。
4.28
・日記投稿。
3.10
・日記投稿。
現在の炭鉱夫数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。