上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クエスト中、ランダムで発生するエマージェンシートライアル。略してEトラ。
クリア報酬としてレアアイテムがもらえたり、Eトラ自体が美味しかったり、
プレイヤーに思わぬ刺激を与えてくれるお楽しみランダムイベントの様なモノ。
ここは、そんなEトラの仕組みを考えてみよう。そんなページの第1弾。



①はじめに。
Eトラの仕様の簡単なまとめ
1、発生はランダム
2、同時発生は3つまで(Vitaは2つまで)
3、フラグが立つとオペレーターからの通信や、エフェクト等が発生することも
4、難易度はEトラ発生時に近くにいるプレイヤーの人数に比例(多いほど困難。モノによっては美味しい)
5、発生時のカットインの色によって難易度が違う(青→赤の順に難しくなる)
6、Eトラクリア時、低確率で連続してEトラが発生することも(チェンジオーバー)
7、発生、またはフラグ成立後にエリア移動しても状態は維持される
  (失敗条件に「エリアから人がいなくなる」 と設定されているモノを除く)

②検証作業。
1、完全ソロ(NPC,フレパも無し)
2、エリア移動、キャンプシップ帰還なし(エリア2に行くまでの最低限はあります)
3、Eトラフラグが未回収にならないように全座標巡回マルぐる
4、4時間制限後、全ての座標で敵が出なくなるまでマルぐる(最後までEトラフラグは回収してます)
5、通常湧きのエネミーは殲滅しながら進行
6、発生したEトラは全てクリア
7、PSEバーストはあえて回避
8、発生したEトラは座標、種類、回数をチェック
9、今回は時間経過やPSE状況、Eトラ発生頻度は大まかにチェック
10、進行速度にムラがないように頑張る

基本ルート。大体こんな流れで巡回。森林自由探索エリア2。
4ブロ広場はフラグの見落としをしやすいので各座標チェックしてます。
Eトラ検証 その①

こんな感じでEトラの発生頻度などを観察。
以下、各座標で発生したEトラの種類と回数。
基本ルート順に記載。正式名称じゃないのはご愛嬌。分かるからいいよね?(´・ω・`)
※「E5にいる時にE4にベイゼが出てきた」みたいなモノはE4に発生したモノとしてカウントしています。
 これは、Eトラ判定地点が隣の座標にまで及んでいるケースがあるため、
 各座標の正確なカウントをとるための処置です。

C2:NPC1回
C3:化石収集1回
C4:化石収集1回、不時着1回
B4:ナヴ・ラッピー捕獲1回
B5:ダガン討伐9回、NPC5回、ブリアーダ討伐1回
B6:NPC4回、ブリアーダ討伐2回、ダガン討伐1回、ファング♀1回、ベイゼ1回、ダーカイム1回
C6:ナヴ・ラッピー捕獲2回、ブリアーダ討伐1回
D6:ナヴ・ラッピー捕獲3回、不時着1回、ダーカイム1回、ラグネ1回
D5:ブリアーダ討伐5回、NPC1回、ダガン討伐1回
E5:ナヴ・ラッピー捕獲2回、化石収集1回
E4:ブリアーダ討伐3回、ダガン討伐2回、ベイゼ2回、NPC1回、ファング♀1回、ゲル・ブルフ1回
C5:ラヴ・ラッピー捕獲2回、NPC1回、ラグネ1回

延べ63回発生。11種類。
ダガン討伐13回
NPC13回
ブリアーダ討伐12回
ナヴ・ラッピー捕獲10回
化石収集3回
ベイゼ3回
ラグネ討伐2回
ファング♀2回
不時着2回
ダーカイム2回
ゲル・ブルフ1回

このうち、部屋が出来てから大体1時間ちょっと経過するくらいまでに全種類発生し、
63回のうち、半分くらいは発生しました。
その後、発生頻度は減少。種類もダガン討伐、ブリアーダ討伐、NPC護衛、ナヴ捕獲が殆ど。
この4種類だけ発生数の桁が違うのはそういうことです。
2時間くらい経った頃のバーストチャンスが来てから発生頻度は少し上昇しましたが、
最初ほど多種類のEトラが発生することはありませんでした。

ちなみに、チェンジオーバーは、
B5:ダガン討伐→ロックベア追加
C5:ラグネ討伐→ラグネ討伐
E4:ベイゼ→ゼッシュレイダ討伐
が、それぞれ1回だけありました。

③考察:Eトラフラグ成立に必要なモノ。
フラグ成立のお知らせがフラグ成立の瞬間に発生すると仮定した場合、
1、移動
2、エネミーの撃破
これらがフラグ成立に関わると言えます。

1に関しては、
移動以外、何もしていない時にフラグ成立のアナウンスやエフェクトが発生することで確認出来ます。
2に関しては、
一歩も動かずに敵を殲滅している時にフラグ成立のお知らせが発生することから確認出来ます。

それぞれ、最低限必要な距離と討伐数ですが、
B5で通常湧きを殲滅→C2まで通常湧き殲滅&折り返し→B5でダガン討伐発生
といったことを確認しているので、大した距離や数ではないと思われます。

また、敵のリポップ条件を満たしていない座標ではフラグ成立はないと考えられます。
リポップ条件を満たしていない座標では、そもそもポップ現象がありません。
Eトラも発生することはないと推測出来ます。

他にもフラグを成立させる諸要素があるかもしれませんが、
プレイヤーが簡単に能動的に関われるものは移動と殲滅の2点でしょう。

結論:たくさん倒して、たくさん走ろう( `・ω・´)

※フラグ成立のお知らせがフラグ成立の瞬間ではないとしたら、
 これらはお知らせ発生に必要な条件ということになり、
 フラグ成立に必要な条件を特定することは困難です。
 確認出来る現象がこれといって他にないですからね…(;^ω^)

④考察:Eトラ抽選プロセス。
Eトラ発生に関しては、二段階の抽選プロセスがあるのではないかと考えられます。

第一段階:座標ごとの振り分け
検証作業で確認できたEトラは座標ごとに発生した種類数に差がありました。
1つも発生しなかった座標もあれば、6種類も発生した座標もあります。
※仮に、カウントの仕方が、「E4に対象が出現したけど、自分はE5にいる」といった場合、
 E5で発生したモノとしてカウントしても、発生種類数には0~4の差があります。
また、発生回数が多かった4種類のEトラを見てみると、
全座標で平均的に発生したというわけではなく、
特定の座標に偏って発生したことが確認できます。

このことから、マップが生成された時に、
各座標ごとに発生する可能性があるEトラが設定されていることが考えられます。

ダガン討伐は13回中、9回は同じ座標で発生しています。
基本ルートの座標数は14、4ブロ広場を1としても11あるのに、これは偏り過ぎていると言えます。

何も発生しなかった、もしくは発生した種類が少ない座標には、
発生確率の低い結晶やアンブラが設定されていたのかもしれません。
当然、なにも設定されていなかったことも考えられます。
森林探索エリア2で発生するEトラが全種類発生していない点について、
この振り分けによって除外されてしまったということも考えられます。

第二段階:座標ごとの補正
分かりやすいので、B5とD5を比較してみます。
B5:ダガン討伐9回、NPC護衛5回、ブリアーダ討伐1回
D5:ブリアーダ討伐5回、NPC護衛1回、ダガン討伐1回

発生した種類こそ同じではあるものの、発生回数は違っています。
特にダガン討伐は大きく違っています。

他座標でも、同じEトラでも座標によって発生回数が違っているモノがあることを確認出来ます。

このことから、
座標内で発生しやすいモノとそうでないモノが設定されていることが考えられます。
分かりやすく説明すると、
<B5内部Eトラ設定>
発生率(高)ダガン討伐
発生率(中)NPC護衛
発生率(低)ブリアーダ討伐
こんな感じに設定されていることが考えられるということ。

各Eトラ個別の発生確率だけではダガン討伐がこうも偏るということはないのでは?
このような座標ごとの補正(の様なモノ)があると考えた方が合理的ではないでしょうか。
発生種類、回数が少ない座標もあることから、
どれか1つは(高)の補正が必ずかかるというわけではないでしょう。

結論:運が良ければ美味しいEトラが頻繁に発生する!…かもね!!( `・ω・´)



今回の考察はここまで。
時間経過によるEトラ発生頻度の減少、
高レベルPSEによるEトラ発生頻度の上昇の2点については、
第2弾以降の検証で確認、考察をしたいと思います。
PSEに関しては誤差程度の頻度上昇でしたが、
時間経過に関しては誤差と言うにはあまりにも大きな違いが見れるモノでしたので、
次回はそこに焦点を当てて検証したいと思います。



↓ランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします。
PSO2公式サポーターズ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
コンテンツ
炭鉱夫の最新日記
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新情報
- Information -

8.10
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
7.30
・日記投稿。
6.8
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
6.1
・お知らせ投稿。
・新記事投稿。
5.28
・日記投稿。
4.28
・日記投稿。
3.10
・日記投稿。
現在の炭鉱夫数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。